Webセミナー  7月28日(水)開催

ロジスティクスクラウド MOVO で実現する
ドライバー不足時代に向けた輸配送改革

参加無料

あとから録画視聴可(参加登録が必要です)

申込受付を終了いたしました。
セミナー動画視聴はこちら
クラウドサービス導入から始める、
データに基づく輸配送改革の手法を解説
物流業界のドライバー不足が深刻化する中、輸配送領域の生産性向上を目的としてデジタル化を推進する荷主・3PL/元請物流事業者が増えています。

これまで輸配送領域の改革においては大規模なシステム導入が必要とされていましたが、クラウドサービスの導入でデジタル化を推進、生産性向上を実現することが可能となってきました。

今回のセミナーではロジスティクスクラウド MOVOのアプリケーションである、配送案件管理サービス MOVO Vistaを利用し、輸配送改革を実現する手法をご提案します。

配送手配業務を効率化したい方々、配送運賃を可視化したい方々、運賃請求処理業務を楽にしたい方々は必見のセミナーです。

開催概要

日時 2021年7月28日(水)14:00-15:00
場所 オンライン
費用 無料
対象
  • 荷主企業の物流関連部署の方
  • 3PL/元請物流事業者で輸配送の管理に携わる方
  • 荷主、3PL企業にてDX推進に携わる方

プログラム

  • 輸配送領域の生産性向上を支援する、配送案件管理サービス MOVO Vistaとは
  • 事例で解説する、データに基づいた輸配送の効率化施策の実行
  • 質疑応答

講師紹介


株式会社Hacobu
ロジスティクスエキスパート
高橋 一貴

前職では、移動ビッグデータの分析チームに所属し、コロナ禍における人流変化などの分析に従事。
ビッグデータを活用した『モノの移動』に関する課題解決に興味を持ち、データを基盤とした物流改革を目指す「データドリブン・ロジスティックス」に共感し、株式会社Hacobuに参画。
ロジスティクスエキスパートとして、物流ビッグデータを活用した物流改革に取り組んでいる。

株式会社Hacobu
プロダクト責任者
石川 葵

前職はPwCあらた監査法人にて金融機関向けのアドバイザリー業務に従事。
テクノロジーによるインダストリトランスフォーメーションに興味を持ち、2018年9月に株式会社Hacobuに入社。配送案件管理サービス「MOVO Vista」、流通資材管理サービス「MOVO Seek」のプロダクトオーナーを務める。

株式会社Hacobu
営業企画部
長田 智子

注意事項

同業他社の方の本イベントのお申込みについては、お断りさせていただきます。
無料セミナーに申し込む

無料セミナーに申し込む