実例で解き明かす、CLOの役割(1)
部門を超えた「全体最適」の追及

  • 参加無料
  • あとから録画視聴可(参加登録が必要です)
  • 動画アーカイブ
申込受付を終了いたしました。

3回シリーズでお届けするWebセミナー
日本に求められるCLO像が明らかに!

2024年4月、物流関連2法が改正され、一定規模以上の荷主企業に「物流統括管理者(Chief Logistics Officer:CLO)」の選任が義務付けられました。これにより、経営としての物流リーダーであるCLOの重要性が急速に高まっています。しかしながら、日本ではこれまでCLOという役職がほとんど存在しなかったため、企業側は進め方について困惑しているのが現状です。

今回、日本の新しいCLO像を考えるシリーズセミナー「実例で解き明かす、CLOの役割」を開催し、最前線で活躍するゲストと共に、CLOの真の役割を明らかにしていきます。

第1回となる本セミナーでは、フィジカルインターネット実現会議の構成委員として政府レベルのロードマップ策定に携わる明治大学の橋本教授をお迎えし、政府が求めるCLOの意義を説明するとともに、今後の物流改革に向けた道筋を示します。

さらに、株式会社J-オイルミルズ 執行役員 SCM担当の畑谷一美氏をゲストに迎え、部門を超えた経営視点の物流最適化に取り組む実例を共有していただきます。重量物である油脂の輸送確保に向けた新たなルール作りへの挑戦や、ドライバー不足の解消に向けた企業間の協力についても詳しくお話いただきます。

「2024年問題」をはじめとする物流危機を乗り越えるカギは、CLOの活躍にかかっています。ゲストの実例から、自社に必要なCLO像を学び、物流改革に向けた一歩を共に踏み出しましょう。


■■今後の開催にもご期待ください■■
「実例で解き明かす、CLOの役割」
第1回:部門を超えた「全体最適」の追及(本セミナー)
第2回:物流投資の戦略と実践
第3回:常識破壊による物流の社会最適化

開催概要


日時
2024年7月23日(火)14:00-15:00
場所
オンライン
費用
無料
内容
1. 基礎編
 ・物流関係者の悲願「CLO」設置
 ・物流関連2法改正の要諦。政府が求めるCLOの役割と背景
 ・企業でCLO設置をどのように進めていくべきか
2. 実践編
 ・先進企業のCLOが語る、課題とそのリアル
 ・部門、企業の枠を超えた全体最適の推進
3. 質疑応答

講師紹介



J-オイルミルズ畑谷様プロフ写真1.jpg
株式会社J‐オイルミルズ
執行役員 SCM担当
畑谷 一美 氏
1991年味の素社入社。同社物流企画部を経験後、味の素物流社にて受注センター受託事業を立ち上げて初代事業部長として食品メーカー複数社の業務を受託、味の素社物流企画部物流グループ長として食品大手メーカー6社による物流プラットフォーム「F-LINEプロジェクト」立ち上げと物流会社統合に参画。2019年からJ-オイルにて新規事業立ち上げ等を経て現職。(公財)日本ロジスティクスシステム協会 ロジスティクス経営士。
橋本先生プロフ写真.PNG
明治大学専門職大学院 
グローバル・ビジネス研究科 教授
橋本雅隆 氏
早稲田大学理工学部工業経営学科卒業。明治大学大学院経営学研究科博士前期課程修了。博士(商学) 三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)、東京都労働経済局、横浜商科大学商学部教授を経て現職。専門はロジスティクスマネジメント論。 日本物流学会理事。
佐藤健次さん_スーツ縦_長め.jpg
株式会社Hacobu
執行役員CSO
佐藤 健次
2008年アクセンチュアにおいて、サプライチェーングループのマネージングディレクター就任。数多くのサプライチェーン改革プロジェクトをリード。2012年よりウォルマートジャパン/⻄友にて、eCommerce SCM、補充事業、物流・輸送事業、BPR(全社構造 改革)の責任者を歴任。ウォルマートジャパン/⻄友の物流責任者として、各国のリーダーおよびパートナーと物流革新を推進。2019年株式会社Hacobuに参画。

注意事項

  • 同業の方の本セミナーへのお申込みについては、お断りさせていただきます
  • 申込期限は、7月23日(火)10時までとさせていただきます
無料セミナーに申し込む

無料セミナーに申し込む

© 2023 Hacobu, Inc.